ジャパンネット銀行住宅ローンの審査・評判!審査通過のコツを徹底解剖

ジャパンネット銀行住宅ローンは、2019年7月から提供され始めた新しい住宅ローン商品です。

日本で最初のネット銀行がようやく住宅ローン事業に参入したと思ったら、いきなり業界トップクラスの低金利商品の提供をスタートしたので、驚いた方も多かったのではないでしょうか?

この記事では、注目のジャパンネット銀行住宅ローンについて詳しく解説していきます。

ジャパンネット銀行住宅ローンの審査基準や金利はもちろん、付帯可能なサービスから審査に通過するコツまで、分かりやすくお伝えします。

お得な住宅ローンを探している人は必見です!

ジャパンネット銀行住宅ローンの概要

まず、ジャパンネット銀行住宅ローンの概要から目を通していきましょう。

借入可能金額 500万円~2億円(10万円単位)
事務手数料 借入金額の2.2%
保証料 0円
返済期間 1年~35年(1ヶ月単位)
繰上げ返済手数料 【一部繰上げ返済】 ホームページから手続きをする場合は手数料無料
電話で手続きをする場合は手数料5,500円
【一括返済】
住宅ローンセンターに電話をして手続きをする
手数料3万3,000円

ジャパンネット銀行住宅ローンの金利について

1の指をしているスーツの男性ジャパンネット銀行住宅ローンの金利は、変動金利と固定金利の2種類。

とてもシンプルです。

ジャパンネット銀行住宅ローンの金利

 

変動金利 固定金利
0.38% 2年:0.40%
3年:0.45%
5年:0.51%
10年:0.62%
15年:1.15%
20年:1.24%
30年:1.39%
35年:1.45%

※2020年8月15日現在

ネット銀行は一般銀行と比べて金利が低い傾向にありますが、ジャパンネット銀行住宅ローンは徹底的な低金利で存在感をアピールしています。

変動金利、固定10年の金利は業界でもトップクラスの低さです。

住宅ローンは、頭金をある程度用意すると低い金利が適用されるケースが多いですが、ジャパンネット銀行住宅ローンは頭金がなくても最低水準の金利が適用されます。

金利タイプの変更

【変動金利から固定金利に変更する場合】

手続き期日 好きなタイミングで固定金利に変更可能
返済日翌日から次回返済日の前日までに手続きをすれば、次回返済日の翌日から反映
手続き方法 ジャパンネット公式ページ
「ローン」→「住宅ローン」→「金利タイプ変更」から手続きする

【固定金利から変動金利に変更する場合】

手続き期日 固定金利期間満了後に自動的に変動金利に切り替わる
手続き方法 手続きは必要なし

【固定金利期間満了後に再度固定金利を選択する場合】

手続き期日 固定金利期間満了日の1ヶ月前から前日までに手続きが必要
手続き方法 ジャパンネット公式ページ
「ローン」→「住宅ローン」→「金利タイプ変更」から手続きする

固定金利期間中の金利タイプの変更はできません。
金利タイプ変更手数料は無料です。

ジャパンネット銀行住宅ローンの金利タイプの特徴

ジャパンネット銀行住宅ローンは、金利タイプ自体は非常にシンプルです。
ところが、適用する「金利引下幅」のルールが少々分かりにくいので、ここで簡単に解説しておきます。

ジャパンネット銀行住宅ローンの金利引下幅のルール

ジャパンネット銀行住宅ローンの金利引下幅のルールは以下の通りです。

※契約時に変動金利を選択した場合

変動金利を利用している間はずっと「基準金利-1.9%」が適用される

変動金利から固定金利に変更すると「基準金利-1.4%」が適用される

ただし、固定期間満了後に再度変動金利に切り替えれば、契約当初の引下げ幅(基準金利-1.9%)が再び適用されます。

※契約時に固定金利を選択した場合

固定金利期間中は「基準金利-1.9%」が適用される

固定金利期間終了後に変動金利に切り替わると「基準金利-1.4%」が適用される

または、

固定金利期間終了後に固定金利を選択すると「基準金利-1.1%」が適用される

金利タイプの切り替わりのタイミングで金利引下幅が縮小されるので、適用金利が急に高くなることがあります。

適用金利はどのくらい変わる?

【ジャパンネット銀行住宅ローンの基準金利】

金利タイプ 基準金利
変動 2.28%
固定2年 2.30%
固定3年 2.35%
固定5年 2.41%
固定10年 2.52%
固定15年 3.05%
固定20年 3.14%
固定30年 3.29%
固定35年 3.35%

【変動金利から固定金利に変更する場合】

変動金利(0.38%)から10年固定金利に変更すると適用金利は、
2.52%-1.4%=1.12%となります。
かなり適用金利が高くなるイメージですね。

ただし、10年の固定期間満了後に変動金利に切り替えれば、契約当初の「基準金利-1.9%」が適用されますから、金利は再び0.38%に戻ります。

【固定金利から変動金利に変更する場合】

たとえば、10年固定金利期間(0.62%)が終了したので変動金利に切り替えると、適用金利は、2.28%-1.4%=0.88%となります。

10年固定期間終了後にもう一度10年固定金利を選択すると、適用金利は、2.52%-1.1%=1.42%となります。

やはり、かなり金利が高くなってしまいますので、金利タイプの変更は慎重に行ってください。

ジャパンネット銀行住宅ローンの審査基準

家の模型と一の指をしているスーツの男子ジャパンネット銀行住宅ローンの審査基準について確認していきましょう。

年齢

申込時年齢20歳~64歳、完済時年齢79歳までの人が利用できます。

住宅ローンの年齢条件としてはごく一般的だといえるでしょう。

借入時年齢、完済時年齢が高くなるほど審査に通過しにくくなります。

年齢が高い場合は、返済期間をできるだけ短く設定するようにしてください。

年収

ジャパンネット銀行住宅ローンは、前年度年収が200万円以上あれば申し込み可能です。

もっと厳しい条件を設定している住宅ローンもあることを考えると、比較的緩やかな条件だといえます。

職業

ジャパンネット銀行住宅ローンは、正社員か契約社員の人が利用できます。

個人事業主、家族が経営する会社に勤務している人は原則として利用できません。

また、以下に該当する人は別途必要書類を提出してください。

契約社員  給与明細(直近1ヶ月分)
雇用契約書
海外勤務から戻ってきてから1年未満の人 年収証明書(国内勤務想定のもの)
給与明細(直近1ヶ月分)
賞与明細(直近1年分、賞与の支給がある人のみ)
産休や育休から復帰後1年未満の人 直近1ヶ月分の給与明細

勤続年数

ジャパンネット銀行住宅ローンは、勤続年数が1年未満でも申し込み可能です。

ただし、勤続年数が3年未満だと以下の書類の提出を求められます。

  • 職務経歴書(ジャパンネット銀行住宅ローンページから印刷する)
  • 雇用契約書
  • 給与明細(直近3ヶ月分)
  • 賞与明細(直近一年分、賞与の支給がある人のみ)

健康状態

ジャパンネット銀行が指定する団体信用生命保険への加入は必須です。

団体信用生命保険に加入できないと、ジャパンネット銀行住宅ローンを利用できません。

ジャパンネット銀行住宅ローンでは、一般の団信よりも加入用件を緩和したワイド団信も取り扱っており、健康に不安がある人もそちらなら加入できる可能性があります。

ジャパンネット銀行住宅ローンの団信について

ジャパンネット銀行住宅ローンは、団信のプランが非常に豊富です。

一般団信(加入必須) 無料
ワイド団信  0.3%上乗せ:64歳まで加入可
がん50%保証団信  0.1%上乗せ:50歳まで加入可
がん100%保証団信 0.2%上乗せ:50歳まで加入可
11大疾病保証団信 0.3%上乗せ:50歳まで加入可

住宅ローンには、シンプルに基本の団体信用生命保険だけを採用し、あとはローン利用者が自分に合った保障を選ぶというスタイルです。

収入合算・ペアローン

ジャパンネット銀行住宅ローンは、収入合算、ペアローンともに利用可能です。

ただし、収入合算やペアローンを利用する双方がジャパンネット銀行住宅ローンの借り入れ条件を満たしている必要があります。

例えば、会社員の夫がパートの妻と収入合算はできません。

また、ペアローンを利用する場合で妻が産休や育休を取得中、あるいはこれから取得の予定があるなら、直近年度分の源泉徴収票と育児休暇証明書の提出が必要です。

ジャパンネット銀行住宅ローンの審査の流れ

握手している二人と家の模型ジャパンネット銀行住宅ローンの審査の流れをまとめてみました。

住宅ローンナビの登録・事前審査申し込み

ジャパンネット銀行住宅ローンは、事前審査・本審査など全ての手続きを住宅ローン申し込みナビから行います。

まず、住宅ローン申込ナビに登録をして事前審査に申し込みをしましょう。

  • 前年度の年収がわかる資料
  • 勤務先の住所、資本金などが分かる資料

を手元に準備しておくと、申し込み手続きがスムーズに進みます。

事前審査の結果連絡

事前審査の結果はメールで送られてきます。

住宅ローン申し込みナビで審査結果を確認し、住宅ローン条件を確認の上本審査に進んでください。

本審査申し込み

事前審査の結果画面から本審査に進みます。

必要書類は、

  • アップロードする
  • 郵送する

いずれかの方法で提出してください。

ジャパンネット銀行に書類が全てそろったら本審査が開始されます。

本審査の結果連絡

本審査の結果も事前審査同様メールで送られてきます。

住宅ローン申し込みナビにログインして、審査結果と借入金額・借入期間・条件を確認してください。

ジャパンネット銀行の口座を持っていない人は、契約までに口座開設手続きを済ませておきましょう。

スマホから本人確認資料を送信すれば、1週間程度で口座開設できます。

郵送だと2週間程度かかります。

契約手続き

住宅ローン申し込みナビの本審査結果画面から契約書作成依頼をすると、3営業日以内にジャパンネット銀行から電子契約の案内メールが届きますので、案内に従って契約手続きを進めてください。

融資実行

借入資金が口座に入金された後、ただちに振込先に資金が振り込まれます。

ジャパンネット銀行住宅ローンの審査の難易度

ジャパンネット銀行住宅ローンは、前年度年収が200万円以上あれば申し込み可能です。

ここだけを見れば、比較的条件が緩やかなように感じます。

ですが、個人事業主や家族経営の会社に勤めている人は申し込みできませんし、契約社員も一応申し込み可能とはなっていますが、別途書類を提出しなければなりません。

また、一般的な住宅ローンでは勤続年数が1年未満だと別途書類提出が求められるケースが多いです。

ジャパンネット銀行住宅ローンは、勤続年数は特に問わないとしつつ、勤続年数が3年に満たなければ職務経歴書など指定された書類を提出しなければなりません。

申込者の職業や勤続年数に関しては厳しい条件を設けており、収入の安定性を非常に重視していることがうかがえます。

ジャパンネット銀行の住宅ローンはどんな人におすすめ?

疑問を持っている女性ジャパンネット銀行の住宅ローンはどのような人に向いているか解説していきます。

とにかく金利の低い住宅ローンを利用したい人

ジャパンネット銀行住宅ローンの最大の強みは、金利の低さです。

住宅ローンの取扱いを開始して以降、変動金利と10年固定金利では業界トップクラスの低金利を維持し続けています。

団信に無料の保証をつけてくれなくても構わないから、とにかく金利の低い住宅ローンを利用したい、という人に向いている住宅ローンだといえます。

住宅ローンを短期間で完済する予定の人

ジャパンネット銀行住宅ローンは、10年固定金利も業界最低水準でかなり強いです。

10年程度で完済する予定の人にピッタリな商品だといえるでしょう。

また、繰上げ返済は1万円以上1円単位で可能ですし、返済手数料は無料です。

少額でもこまめに繰上げ返済して、できるだけ短期間で完済したいと考えている人にもおすすめです。

諸手続きをインターネットで完結したい人

ネット銀行の住宅ローンは、事前審査はインターネットで手続きを進められても、本審査や契約手続きに必要な書類は郵送でやり取りするケースが多いです。

ジャパンネット銀行住宅ローンはオンラインで書類提出でき、事前審査の申し込みから契約までの手続きのほぼ全てをインターネット上で済ませられます(書類提出は郵送でも可)。

契約手続きもインターネット上で済ませられるので、捺印や印紙も不要です。

借入金額 印紙代
500万円超~1,000万円以下 1万円
1,000万円超~5,000万円以下 2万円
5,000万円超~1億円以下 6万円
1億円超~5億円以下 10万円

また、書類提出にかかる時間や数万円かかる印紙代もカットできます。

ジャパンネット銀行住宅ローンの審査に通過するコツ

ジャパンネット銀行住宅ローンの審査に通過するコツをご紹介します。

信用情報に問題がないか確認する

ジャパンネット銀行住宅ローンの審査に申し込む際には、過去にローンやクレジットの返済で問題を起こしていないかよく確認しておきましょう。

長期延滞などをしたことがあればブラックリスト入りしているはずですから、まず審査には通過できません。

長期延滞などしていなくても、過去2年以内に2日~3日程度の遅延を繰り返したことがあればやはり住宅ローン審査には通過しにくくなります。

たとえ一流企業に勤めていて高い年収を得ていても、信用情報に問題があれば住宅ローン審査にはまず通過できません。

ローンやクレジットの返済は普段から必ず期限を守るようにしておいてください。

返済比率を意識する

たとえ金融事故などを起こしていなくても、他社からの借り入れが多ければジャパンネット銀行住宅ローンの審査には通過しにくくなってしまうでしょう。

住宅ローンの審査では「返済比率」が重視されており、年収に対する年間返済額が一定の割合を超えてしまうと、住宅ローン審査に通過できなくなってしまうからです。

ジャパンネット銀行住宅ローンの返済比率は公表されていませんが、一般的な住宅ローンでは返済比率の審査基準を30%~35%に定めています。

返済比率(%)=年間返済額÷年収×100

返済比率を下げるには、住宅ローン以外の借り入れをできるだけ減らす必要があります。

クレジットカードのリボ払いやスマホ端末の分割払いなどは、住宅ローン審査申込までに一括返済しておいた方がいいでしょう。

おわりに

ジャパンネット銀行住宅ローンは職業や勤続年数に厳しめの基準を設けているため、審査のハードルが高い印象を受けます。

しかし、正社員や契約社員で前年度収入が200万円以上ある人にとっては、ジャパンネット銀行の審査基準はそれほど厳しいものではないでしょう。

金利の低さでは群を抜いている商品ですから、条件を満たしているならぜひ申し込みを検討してみてはいかがでしょうか?

フラット35の審査は甘いと評判?口コミも紹介

審査が甘い・通りやすい住宅ローンとは?ローン選びと審査のコツを解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です