気になる住宅ローンの変動金利推移!過去データを追ってみた

住宅ローングラフと電卓と小銭

住宅ローンの金利は、どのように変化していくかわかりません。

住宅ローンは長期的な金利動向を踏まえて選ぶことが必要です。

では実際に過去の金利はどのように推移しているのでしょうか。

住宅ローンのタイプは固定タイプと変動タイプがある

住宅ローンの金利タイプには大きく分けて「固定タイプ」「変動タイプ」があります。

固定タイプは「10年物国債の新規発行額」に、変動タイプは「短期プライムレート(優良企業への貸出期間1年未満の金利」に連動しているといわれています。

そしてこれらの数値は、経済・社会の情勢や金融政策によって、様々な動きを示します。

これらの経済動向を注視することが、住宅ローン金利推移の予測に必要なことなのです。

金融緩和と金融引き締め

金融緩和と金融引き締めという言葉がよくニュースや新聞に取り上げられます。

金融引き締めとは、政府や日銀のコントロールによって金利を上昇させることを指します。

インフレ防止など景気の過熱を抑える目的で行います。

金融緩和とは、逆に景気上昇を促進させるため、企業や人が融資を受けやすくするために金利を下げることを指します。

現在は金融緩和と金融引き締めのどちらに該当するのかは新聞やニュースで自然と把握できることです。

そして今後はどちらの方向に向かうかも合わせて予測する習慣を立てておくようにしたいですね。

住宅ローンの金利は為替とも連動

景気動向によって、金利がコントロールのなら、為替や株式の動きにも注意する必要があります。

例えば円高の局面では輸出産業を中心に企業業績好調となって株式が上がり、結果貸出金利が上がります。

逆に円安になると輸出が伸び悩み企業業績が加工することで、政府は景気刺激のために政策金利を下方向にコントロールします。

すると国債価格が上昇し、金利が低下します。

住宅ローン金利の過去20年の推移

戦後の中でも長期間にわたって続いている「不況」。この不況が続いたバブル崩壊後から現在に至るまでの約二十年間は、ほぼ横ばいの低い水準で変動金利が動いていました。

バブル期の変動金利は8.5%!

住宅ローンの金利というものは、優遇金利と呼ばれるように店頭金利から引き下げられ、さらに有利な設定となっています。

また、キャンペーン時期を利用すればさらに有利。

2017年現在では1%を切る場合も少なくありません。

にもかかわらずバブル期には7%を超える銀行もあったと聞けば驚きますか?

バブル期絶頂時の政策金利(公定歩合)は約6.0%、都市銀行の変動金利が8.5%前後ですから、住宅ローンの変動金利は7%に近かったのです。

なぜこんなに続く?「不況」と「低金利」

上昇傾向にあるとはいえまだ世の中全体が「景気がいい」といえるムードではとてもない現在の日本。なぜこれほど回復が遅くなっているのでしょう。

この長引く不況は、政治の混乱といった国内事情以外にも、アジア通貨危機やリーマン植っといった海外で起きた金融危機も大きく影響しました。

現在も、景気が大きく好転する材料はないながらも、これほどマイナス要因が続く時期は脱したかもしれません。様々な世の中の動きをしっかりとらえるアンテナを立てておきたいものです。

今後どうなる?住宅ローン変動金利推移予測

小銭と電卓と家の模型

専門家でも予測が難しい金利の推移予測

金利が連動する要因は多岐に渡り、金融の専門家であっても予測自体が難しいのが住宅ローン変動金利の推移です。

確かにこれだけ低い金利が設定される現在よりも、この先の変動金利が上昇することは想像に難くありませんが、かといってそれがいつになるかはわかりません。

住宅ローンの借り手ができることは、納得いく金利でスタートした住宅ローンをなるべく早く完済して利息分をカットするように心がけることでしょう。

また、銀行が変動金利を見直すのは年に二回です。

この時期に金利動向をしっかり予測することを繰り返していると、自然と自分なりの判断基準が固まってくものです。

変動金利から固定金利に切り替える、あるいは他行に乗り換える、といった予定があるなら、しっかりとご自分の返済計画と照らし合わせながら、金利動向に目を光らせておきましょう。

金利だけで決められない住宅ローン

また、住宅ローンの有利な条件は金利だけで決まるものではありません。

一例を挙げると、例えば借入金額によっては事務手数料が思ったよりもずっと高額になる場合があります。

なぜなら住宅ローン事務手数料を「借入額×2%前後」に設定している金融機関が多いからです。

もし3000万円の物件ならば事務手数料が60万円かかる計算になってしまいます。

しかし、事務手数料を物件金額と関係なく一律に設定している金融機関もあります。

例えば2017年現在であれば、楽天銀行が「一律32万4000円」に設定しています。

金利推移予測と同様に、様々な角度で住宅ローンの融資内容をチェックする目を持つことが大切なのです。

金利動向の長期予測は難しい!確実に元金を減らしていこう

いかがでしょうか。

住宅ローンの変動金利を予測することはとても難しく、目まぐるしく変わる金融政策の中で、どのように変化していくかわかりません。

数年先の金利がどうなるか、予測することは大変難しいことなのです。

借り手側が心がけるべきことは、余計な利息を払わずに済むようになるべく早く元金を減らしていくことに尽きます。

また、過去のデータを参照し、今後の金利の推移を予測しながら、有利な返済方法をある程度見極めることも大切です。

住宅ローンがスタートしたあとも、ローン返済を取り巻く環境や金利動向には敏感でありたいですね。