住宅ローン審査基準が甘いのは信用金庫って本当のはなし?

「何としてもこの家に住みたい!」と心から思える未来のマイホーム候補と出会ったとき、気になるのが住宅ローンの事前審査の行方です。

その気になる住宅ローンの事前審査の内容とはいったいどのようなものなのでしょうか?審査に落ちる、落ちないの分かれ目はいったいどこにあるのでしょうか?

そして銀行よりも信用金庫が通りやすいという噂は本当なのでしょうか?

住宅ローン審査項目の内容と、金融機関によって通過しやすい差があるのかを調べてみました。

住宅ローンの事前審査項目で重要視されるポイントは?

マイホームを購入するための重要な資金源となる住宅ローンは、借りる側はとにかく貸してほしい!と願いますが、貸す側の金融機関としては、もし借り手が何かの事情で返済できなくなったら大損害!契約を結ぶ前には慎重に融資しても大丈夫な相手かを徹底的に事前に審査します。

事前審査を無事通過することができれば、保証会社との本審査はまず間違いなくクリアすることができるといわれています。

この事前審査は「仮審査」と呼ばれることもあり、実際に住宅の売買契約を結ぶ前に住宅ローンが組めるかどうかをあらかじめ確認しておくというもので、金融機関側から審査の基準がオープンにされることはありません。

とはいえ、間違いなく重視されるであろう評価ポイントは「返済能力の有無」と「支払信用度の有無」のふたつになるでしょう。

 

信用金庫の審査は地域に住んでいる人が通りやすい

一般的に融資を受けるとなると銀行を候補に挙げる人がたくさんいらっしゃると思いますが、信用金庫でも住宅ローンを取り扱っている場合があります。

都心の大手銀行でローンを組もうとしたところ、審査に落ちてしまったという人である場合は地元の信用金庫に申し込みしてみることをおすすめします。

信用金庫は地域利用者向けの金融機関である

多くの場合銀行とほぼ同じような金融機関と見られがちですが、それぞれが独自の特徴を明確に持っています。

信用金庫は銀行とは異なり基本的に地域の利用者をターゲットにしています。

よって住宅ローンなどの長期契約でもその地域に住んでいるあるいは、地域に貢献している人の場合審査でも優遇を受けられるというメリットがあります。

つまり申し込みする人が支店のある地域に住んでいる場合は、都心のメガバンクよりも融資を受けられる確率が高くなる可能性があるのです。

銀行よりも個人的なローンを組みやすい

都内で運営している大手メガバンクや規模の大きい地方銀行は、資産が豊富な契約者であるほど審査が通りやすいという特徴があるため、住宅ローンなどでもやはり通過難易度が高くなる傾向にあると言えます。

しかし信用金庫の場合は潤沢な資金を持っていない個人に対しても窓口を広く開けています。

よって比較的銀行よりもハードルが低く、契約する際の難易度も一般的に甘いとされているのです。

信用金庫の住宅ローンを組みやすくするには

このように信用金庫は特定の地域に住んでいる人に対して優遇してくれる場合があるので、大手の銀行よりも住宅ローンを組みやすくなる可能性があります。

とはいえいきなり申し込みをしても審査で優遇をしてくれるほど甘くはありません。

支店が設置されている地域に住んでいても、普段利用していない場合は住宅ローンの融資を断られてしまう場合も。

よって確実に融資を受けたい場合は申込者が、ある程度信用を築いておくことが必要となるのです。

普通口座を開設して利用実績を積み重ねよう

融資してもらう側から信用を得るにはまず口座を開設し、日常的に利用することから始めてみましょう。

最初に普通口座の顧客になりサービスの常連になることと、常連にならないとではやはり信頼度に大きく差がつきます。

サービスを健全に利用していることを証明することで実績が積み重なり、それが住宅ローンの審査にも通りやすくなるカギとなるのです。

利用実績をクリーンに保つことが審査で有利に働く

信用金庫でサービス利用の実績を積み重ねるのは、クレジットヒストリーを積み重ねる場合と同じと言って良いでしょう。

クレジットカード審査の際にも申込者の金融サービス利用時においての履歴を徹底的に洗い出します。

クレジットヒストリーに支払いの滞納といった金融事故があった場合は、カード審査で不利となりますがこれは信用金庫でも同様ですので、実績に傷がつかないよう気をつけてサービスを利用するように心がけてくださいね。

キャッシングなどの借り入れがある場合は先に完済しておく

また住宅ローンのように長期の契約を結ぶ場合は、他社からの借り入れがあると審査でマイナス評価を受ける可能性が高くなります。

さらに複数の所から借り入れがある場合はより不利となってしまいますので、負債をかかえたままで申し込みするのは得策とは言えません。

もしキャッシングなどでまだ完済できていない借り入れがある場合は、いくら高い実績を積み重ねていても通過できなくなる恐れがありますので、負債を全て片付けてからローンに申し込みすることを強くおすすめいたします。

住宅ローンを取り扱っている地元の信用金庫をチェックしてみよう

今回は信用金庫と銀行の違いと審査をより通りやすくする方法についてご紹介させていただきました。

住宅ローンの審査において都心部にある銀行よりも甘いと言われていますが、それはサービスの利用実績に問題がなくさらに、ローンの支払いと申込者の収支のバランスがきちんと成り立っていることが前提となります。

それらの基本的な条件がきちんと満たされているのであれば、住宅ローンの契約もよりスムーズに結ぶことができるようになるでしょう。

大手銀行はやはり大きな契約を好む傾向にあるので、個人的なローンを組むのであれば信用金庫の方が向いている場合もあります。

この記事を参考に地元の信用金庫が住宅ローンを取り扱っているのであれば一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

住宅ローンの審査に落ちた理由:返済能力不足と評価された?

住宅ローンの審査に落ちてしまったとき、これまで特に支払いが滞った記憶がないという場合は、住宅ローンで借りる金額と年収が不釣り合いなどの理由があったのかもしれません。住宅ローンを最後まで返済できる見込みがあるとハンダレなかった可能性があります。

住宅ローン終了時には80歳オーバー?

最近の晩婚化などの影響からか、住宅ローン開始年齢が40台や50代の申し込みも増加しているようです。

しかし住宅ローン終了時の年齢はとても重要な指標です。このとき果たしてローン返済が可能なだけの収入があるかは、重要なチェックポイントになることでしょう。

例えば40台後半から35年ローンを組んだら終了時年齢は80歳を超えます。はたして返済は可能だろうかと金融機関が考えるのも無理はない事なのかもしれません。

年収の半分以上が住宅ローンに値する?

そして、収入に占める住宅ローン返済金額の割合「返済負担率」も大切なチェックポイントになるでしょう。年収金額はもちろん、収入がある見込み期間などにも大きく左右されますが、上限として年収の30%といわれることが多いようです。

様々な理由で返済能力は評価される

そのほかにも、希望物件の「担保評価額」や住宅ローン申込者本人の健康状態なども影響するといわれています。

住宅ローンの審査に落ちた理由:信用度が低いと評価された?

人が生活していく中で行う、公共料金の支払いやカードの利用履歴、年収や勤務先情報などの記録を「信用情報」といいます。

これらの情報を、住宅ローンを貸し出す金融機関は、借り手の信用度合いを測る最重要情報としています。

これまでカードの支払いや共料金の支払いを遅延してしまったことはありませんか?また、よくありがちな携帯電話の利用料金やレンタルビデオの返却遅延や利用料金の未払いの記憶はありませんか?

これらの履歴が信用を落とす理由となったのかもしれません。

現在の自分の信用情報の登録内容についてはCICなどに問い合わせることが可能です。

なぜ「信用金庫」の住宅ローン審査は通りやすいのか?

多岐に渡る審査項目ですが、項目によってのマイナス加減は、実は金融機関によってかなり異なるといわれています。また、金融機関の特徴によってもまた変わってくるようです。

では、「信用金庫」の住宅ローン審査は通りやすいといわれる根拠はどのようなものなのでしょうか?

多くの信用金庫は、店舗を持たず低コスト経営が可能なインターネットバンクや、経営体力のある都市銀行とは異なり、低い金利や様々なサービスによる付加価値を付けることがむずかしいのが現実です。

また、信用金庫とはもともと地元の人々や中小企業を支援するという使命を持った金融機関でもあります。

そのため、比較的「甘い」審査基準に設定し、いわば都市銀行などの審査に通らなかった人たちを救済する立場になることが多くなるようです。

審査が甘い・通りやすい住宅ローンとは?ローン選びと審査のコツを解説

おすすめの住宅ローンランキングを紹介!金利を徹底比較【2020年版】