住宅ローンは何歳がタイムリミット?何歳までに契約しておく必要があるのか

将来的にマイホームは欲しい!だけどまだ自分の年齢だと早すぎるかな…

フラット35など、住宅ローンを契約するとなると、何歳までに契約をしておくべきなのか気におなりますよね。

また、一般的に住宅ローンの契約は何歳から行う人が多いのかも気になります。

今回は、住宅ローンは何歳までに契約を行っておくべきなのか?を解説していきたいと思います。

住宅ローンは何歳までに始めるべきなのか?

人生の大きな買い物になるマイホームこそ、住宅ローンを組んで計画的に進めていくことが大切です。

しかし結婚して子供が生まれて、二人目が生まれて大学入学があって…となると、いつまでに住宅ローンを利用する必要があるのかを決めておく必要があります。

ですが、住宅ローンて何歳までに申し込む必要があるのか、タイムリミットは何歳までなのかも気になりますよね。

住宅ローンの年齢制限は何歳?

まず、住宅ローンを利用できる年齢制限は何歳までなのかをチェックしておく必要があります。

利用する住宅ローンにもよりますが、基本的には20才~60歳程度の年齢制限が設けられています。

ですが、ローンによっては年齢制限の上限を80歳までに設定しているところもあります。

何歳までに結婚するのかや、昇給のスピードも人それぞれ。自分のライフスタイルにあったタイミングで開始できるのが良いですよね。

その年齢の中で、自分のライフプランと照らし合わせながら何歳までに住宅ローンを始めるのか、それまでに何の用意をしておく必要があるのかを決めないといけませんね。

住宅ローンの利用は何歳までに始めるべき?

住宅ローンの年齢制限が分かったところで、周りが何歳のタイミング住宅ローンの契約をするのか気になるところです。

ここでは他の人は何歳までに住宅ローンを開始するのかをチェックしていきましょう。

住宅ローンの利用を開始するタイミングは、一番多い年代で30代とされています。

40代でフラット35などで契約をしてしまうと、完済が75歳になってしまいます。

退職金がでるとはいえ、年金だけで住宅ローンの支払いをしていくのは少々不安ですよね。

35年ローンとなると30歳で開始

フラット35など、35年ローンで利用することを踏まえた上で、働いている現役のうちに完済を考えると30歳までには支払いを開始しておく必要があります。

また30代は仕事も軌道にのってきたタイミングで、それなりの役職についていることも多いでしょう。

結婚し子供も大きくなってきて自分の部屋が必要に…なんてことを考えると、30歳前後に住宅ローンを組むケースが多いと言えます。

早ければ早いほどいいけど、審査には通りにくい傾向にある

だったら早めに申し込みを開始しておいて、少しずつ返していけばいいじゃん!とも思いますよね。

しかし住宅ローンを利用を開始するには、審査に通過しなければいけません。

住宅ローンの審査とは、その申し込み者が返済を滞納することなく利用できるかの信用力を調査します。

そのため、特に安定した収入が確保されているかを重視するのです。

一般的に年齢が若すぎる場合、まだ収入に波があり、安定した収入が確保できていないケースも多いです。

安定していないことから、支払いの滞納をされてしまうと、ローン会社としても商売として成り立ちません。

そのため、働いている会社の勤続年数が長くなってきた20代後半くらいに差しかからないと住宅ローンの審査に通過しにくいと言えます。

逆に高齢過ぎても審査に通過しにくくなることも

前述でも紹介している通り、住宅ローンは長期的なスパンでの利用となります。

そのため返済年数などを考慮しても、年代が高くなるにつれて、審査のハードルが高くなるのも事実です。

特に50代・60代ともなってくると、定年退職までもう少し。労働での収入が絶たれれてしまうと、毎月の返済も厳しくなってくると言えます。

もちろん50代60代でも利用できる住宅ローンはあります。

しかし、利用時にはしっかりとした審査対策が必要になってくるとも言えるでしょう。

60代でも住宅ローンは組める!年齢の壁を越える方法

住宅ローンの申し込みタイムリミットは何歳?

住宅ローンの利用開始の年齢が30代ということがわかったところで、ここからは住宅ローンの利用開始のタイムリミットは何歳なのかをチェックしていきましょう。

40代前半までには契約をしておきたいところ

結論から申しますと、利用する住宅ローンの年齢制限にもよるため、一概には言いにくいです。

ですが、最近は住宅ローンにも最大80歳まで利用できるのもあります。

その場合だと、年齢制限の上限を逆算しても、住宅ローンは遅くとも45歳には開始しないと間に合わないと言えます。

住宅ローンの利用はしっかり計画をすれば何歳でも大丈夫

今回は、住宅ローンを利用するには何歳までに始めるべきなのか?を紹介してまいりました。

基本的には30代で住宅ローンを利用開始をし、定年の65歳までに完済ができるようにするいひとが多いです。

また収入面やライフプランを考慮しても、結婚を決める人が多いかったり、第一子が生まれて落ち着いてきたタイミングで、マイホーム購入を検討するケースが多いと言えます。

きちんと返済の計画を立てた上で、何歳までに住宅ローンを契約するのかしっかりと考えておきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

住宅ローンの甘い審査について解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です