三菱UFJ銀行住宅ローンの借り換えのメリットデメリットとは?借り換え審査について徹底解説

3大メガバンクの一角を占める三菱UFJ銀行の住宅ローンは人気が高く、取扱高では首位をキープし続けています。

メガバンクならではの信頼性の高さと安心感がありますから、他の銀行の住宅ローンから三菱UFJ銀行住宅ローンへの借り換えを希望する人も多いです。

そこで、三菱UFJ銀行住宅ローンの借り換えについて調べてみました。

三菱UFJ銀行住宅ローンに借り換えるメリットやデメリット、借り換え審査の内容や必要書類など、公式ページでは分かりにくい情報をていねいに解説していきます。

三菱UFJ銀行住宅ローンへの借り換えを検討している人はぜひ参考にしてください。

三菱UFJ銀行住宅ローン審査の住宅ローン審査・評判!審査通過のコツを徹底解剖

三菱UFJ銀行住宅ローンの借り換え商品

三菱UFJ銀行住宅ローンの借り換え商品には、

  • ネット専用住宅ローン
  • プレミアム住宅ローン
  • ずーっとうれしい金利コース
  • ずーっと固定金利コース

の4種類があります。

借り換え商品の種類

【ネット専用住宅ローン(変動・固定特約)】

インターネットですべての手続きを済ませられる分、金利が低く設定されています。

申し込みから借り入れまで1ヶ月以上かかる場合があるため、物件引き渡しまでの期間が1ヶ月未満しかない場合は申し込みできませんので注意してください。

【プレミアム住宅ローン(固定特約)】

店頭で納得いくまで相談したい人、固定金利でも金利の低さにはこだわりたい人におすすめの商品です。

固定期間によって借入時年齢の条件が異なるので注意が必要です。

【ずーっとうれしい金利コース(変動・固定特約)】

完済までずっと同じ金利優遇を受けたい人におすすめの商品です。

【ずーっと固定金利コース(全期間固定)】

金利が上がるのはイヤ、今後もずっと同じ金利の適用を受けたい人は、この商品がぴったりです。

三菱UFJ銀行住宅ローンに借り換えをした場合の適用金利

【ネット専用住宅ローン】

変動金利 0.475%
固定3年 0.39%
固定10年 0.69%

【プレミアム住宅ローン】

固定3年 0.49%
固定10年 0.79%
固定20年 1.19%

【保証料型】

固定3年 0.54%
固定10年 0.84%
固定20年 1.24%

【ずーっとうれしい金利コース】
事務手数料型

変動金利 0.575%~0.725%
固定1年 0.95%~1.10%
固定2年 1.05%~1.20%
固定3年 1.09%~1.24%
固定5年 1.45%~1.60%
固定7年 1.45%~1.60%
固定10年 1.44%~1.59%
固定15年 2.55%~2.70%
固定20年 2.79%~2.94%

保証料型

変動金利 0.625%~0.775%
固定1年 1.00%~1.15%
固定2年 1.10%~1.25%
固定3年 1.14%~1.29%
固定5年 1.50%~1.65%
固定7年 1.50%~1.65%
固定10年 1.49%~1.64%
固定15年 2.60%~2.75%
固定20年 2.84%~2.99%

【ずーっと固定金利コース】
保証料型

固定21年~25年 1.50%
固定26年~30年 1.71%
固定31年~35年 1.82%

※金利はいずれも2020年10月現在

三菱UFJ銀行住宅ローン商品概要

三菱UFJ銀行住宅ローンの借り換え商品の商品概要は以下の通りです。

ネット専用住宅ローン

借入可能金額 500万円~1億円(10万円単位)
事務手数料 借入金額の2.2%
保証料 0円
返済期間 変動金利選択プラン:2年~35年
固定3年プレミアム住宅ローン:3年~35年
固定10年プレミアム住宅ローン:10年~35年

プレミアム住宅ローン

借入可能金額 30万円~1億円(10万円単位)
事務手数料 保証会社を利用する場合:3万3,000円
保証会社を利用しない場合:借入金額の2.2%
保証料 保証会社を利用する場合
保証料一括前払い型:所定の保証料(借入期間20年の場合、借入金額×1.4834%)
保証料利息組込み型:保証料一括前払い型の金利に0.2%上乗せ
返済期間 固定3年プレミアム住宅ローン:3年~35年
固定10年プレミアム住宅ローン:10年~35年
固定20年プレミアム住宅ローン:20年~35年

ずーっとうれしい金利コース

借入可能金額 30万円~1億円(10万円単位)
事務手数料 保証会社を利用する場合:3万3,000円
保証会社を利用しない場合:借入金額の2.2%
保証料 保証会社を利用する場合
保証料一括前払い型:所定の保証料(借入期間20年の場合、借入金額×1.4834%)
保証料利息組込み型:保証料一括前払い型の金利に0.2%上乗せ
返済期間 2年~35年(1年単位) 固定特約タイプは1年・2年・3年・5年・7年・10年・15年・20年から選択可

ずーっと固定金利コース

借入可能金額 30万円~1億円(10万円単位)
事務手数料 保証会社を利用する場合:3万3,000円
保証会社を利用しない場合:借入金額の2.2%
保証料 保証会社を利用する場合
保証料一括前払い型:所定の保証料(借入期間35年の場合、借入金額×1.9137%)
保証料利息組込み型:保証料一括前払い型の金利に0.2%上乗せ
返済期間 21年~35年

繰上げ返済手数料

繰上げ返済手数料 <一部繰上げ返済>
インターネット:無料
電話・テレビ窓口:5,500円
窓口:1万6,500円

<一括返済>
インターネット:1万6,500円
テレビ窓口:2万2,000円
窓口:33,000円

三菱UFJ銀行住宅ローンへの借り換えのメリット

ユニフォームの女性と家の模型

三菱UFJ銀行住宅ローンへの借り換えには、どのようなメリットがあるでしょうか?
いくつか挙げていきます。

借り換えに向く低金利商品がある

三菱UFJ銀行住宅ローンの中でも、「ネット専用住宅ローン」はネット銀行住宅ローンと比較してもそん色がなく、借り換えしやすい商品だといえます。

ネット専用住宅ローンは金利の幅がありません。

適用金利が審査に左右される心配がないので、安心して利用できます。

さまざまな優遇がある

三菱UFJ銀行住宅ローンを利用すると、以下のような優遇を受けられます。

  • 女性契約者は出産・育休時に1年間0.2%の金利優遇
  • リフォームローンを利用すると0.5%の金利優遇あり
  • ATM利用手数料が無料に

特に助かるのは、ATM利用手数料が無料になることです。

三菱UFJ銀行のATMなら時間外手数料も無料になりますので、深夜や早朝も気楽にATMを利用できます。

また、提携コンビニATMも月に3回まで手数料無料で利用できます。

近くに三菱UFJ銀行ATMが見つからないときには大変重宝するでしょう。

<h3メガバンクとしての信頼性や安心感がある

三菱UFJ銀行は、店舗が多く相談しやすい環境が整っています。

ローン相談窓口も多くあり、住宅ローンに関することならどんな事でも相談に乗ってもらえます。

平日の夜間や土日でも専門のスタッフに相談できる安心感は、メガバンクならではといえるでしょう。

もちろん、三菱UFJ銀行住宅ローンに関する相談は、電話でも受け付けています。

三菱UFJ銀行住宅ローンへの借り換えのデメリット

三菱UFJ銀行住宅ローンへの借り換えには、もちろんデメリットもあります。

団体信用生命保険の疾病保証が有料

三菱UFJ銀行住宅ローンには、

  • ガン
  • 脳卒中
  • 心筋梗塞

の3大疾病に加え、

  • 高血圧性疾患
  • 糖尿病
  • 慢性腎不全
  • 肝硬変

を4つの生活習慣病をカバーする、「7大疾病保障付住宅ローン」が用意されています。

7大疾病保障付住宅ローンは、保障内容が非常に充実しているのですが、この特約を基本の団体信用生命保険に付帯するには、0.3%の金利上乗せが必要です。

最近は、ネット銀行を中心に無料で疾病保証をつける住宅ローンが増えてきていることを考えると、割高感があるのは否定できません。

審査によっては高い金利が適用される

「ずーっとうれしい金利コース」は優遇金利に幅があり、金利は審査によって決まります。

つまり、審査結果が出るまで適用金利は分かりません。

住宅ローンの借り換えの主な目的は総支払額を抑えることです。

事前にはっきりした金利が分からないと、他の借り換えローンとの比較が難しくなってしまいます。

ネット銀行と比べて金利が高め

三菱UFJ銀行住宅ローンのうち、ネット専用住宅ローンとプレミアム住宅ローンは比較的低金利ですが、それ以外の商品は特別金利が低いわけでもありません。

支払い負担をぐっと抑えたいのなら、三菱UFJ銀行住宅ローンに借り換えるよりもネット銀行の住宅ローンを利用する方がいいでしょう。

三菱UFJ銀行住宅ローン借り換え審査の内容

拡大鏡と家

三菱UFJ銀行住宅ローンの借り換え審査の内容について解説していきます。

年齢

三菱UFJ銀行住宅ローンは、商品によって申し込み可能年齢が異なりますので注意してください。

ネット専用住宅ローン 借入時年齢20歳~70歳の誕生日まで、完済時年齢80歳の誕生日まで
プレミアム住宅ローン <固定3年・固定10年>
借入時年齢20歳~70歳の誕生日まで、完済時年齢80歳の誕生日まで

<固定20年>
借入時年齢20歳~60歳の誕生日まで、完済時年齢80歳の誕生日まで

ずーっとうれしい金利コース 借入時年齢20歳~70歳の誕生日まで、完済時年齢80歳の誕生日まで
ずーっと固定金利コース 借入時年齢20歳~59歳の誕生日まで、完済時年齢80歳の誕生日まで

年収

三菱UFJ銀行住宅ローンは、年収による条件は特に定められていません。

これまでの融資実績から判断して、前年度年収が200万円以上あれば審査してもらえると考えていいでしょう。

年収が少ないと審査に通りにくいというイメージがありますが、三菱UFJ銀行住宅ローンは、店頭申し込みの商品なら申込者個々の状況を考慮したうえで総合的に審査を行っています。

勤続年数

同一勤務先に満1年以上勤務していれば、借り換え審査への申し込みが可能です。

三菱UFJ銀行住宅ローンの審査では収入の安定性が重視されますので、勤続年数はできるだけ長い方が望ましいです。

口座に関する条件

  • 三菱UFJ銀行で給与振込を利用している人
  • スーパー普通預金(メインバンクプラス)および三菱UFJダイレクトを利用中の人、または今後利用できる人

給与振り込みを利用できないと申し込みできませんので注意が必要です。

健康状態

三菱UFJ銀行住宅ローンに借り換えをするには、三菱UFJ銀行指定の団体信用生命保険に加入する必要があります。

団体信用保険に加入できない場合は、三菱UFJ銀行住宅ローンに借り換えできません。

ただし、三菱UFJ銀行住宅ローンは、加入条件が緩やかなワイド団信も取り扱っていますので、そちらに加入できればOKです。

三菱UFJ銀行住宅ローン借り換え審査の難易度

三菱UFJ銀行住宅ローンの借り換え審査の難易度はやや厳しめだといえます。

個人信用情報はかなり厳しくチェックされる

三菱UFJ銀行をはじめとするメガバンクの住宅ローンでは、個人信用情報はかなり厳しくチェックされます。

一流企業に勤めていてもどれほど収入が高くても、過去にローンやクレジットの利用でトラブルを起こしていて信用情報に傷がついていれば、ほぼ間違いなく住宅ローンには通過できないでしょう。

収入の安定性が重視される

三菱UFJ銀行住宅ローンの借り換え審査は、新規借り入れ審査と同様勤続年数1年以上の人を融資対象としています。

つまり、会社勤めをしている人です。

正社員以外に、契約社員や派遣社員など非正規雇用の人でも、勤続年数が3年以上あれば審査の対象になります。

安定した収入を得ていれば、即審査落ちしてしまうことはありません。

一方、個人事業主や自営業者は安定した収入を得ているとみなされにくいため、審査では不利になりがちです。

個人事業主や自営業者の人は、フラット35に申し込みをする方がいいでしょう。

三菱UFJ銀行住宅ローン借り換え審査の申し込み手順

三菱UFJ銀行住宅ローン借り換え審の申し込み手順について簡単に説明する

インターネットでの借り換え審査申し込み手順(ネット専用住宅ローン)

1.事前審査申し込み
スマホかパソコンから事前審査に申し込みをします。
画面に沿って入力するだけで手続きは簡単に済みます。

2.審査結果の連絡
事前審査が完了すると正式審査の案内が郵送で届きます。
事前審査の申込内容を確認してインターネットから本審査に申し込みます。
事前審査で入力した内容を再入力する必要はありません。

3.契約手続き
正式審査が完了したら契約手続きに進みます。
インターネットから電子契約で手続きできるので、来店の必要はありません。
収入印紙や捺印なども不要です。

事前審査の申し込みから借り換えが完了するまでには、1ヶ月~1ヶ月半程度かかります。

店頭での借り換え審査申し込み手順

1.借り換え相談をする

  • 来店予約
  • 住宅ローン相談会
  • テレビ窓口

等で、住宅ローンの借り換え相談をします。

2.審査申し込み
店頭窓口で住宅ローン借り換え審査に申し込みをしてください。

3.審査結果の連絡
審査が完了すると担当者から電話連絡が入ります。
契約時の必要書類や契約希望日桃の確認をしましょう。

4.契約手続き
三菱UFJ銀行の支店の窓口やローン推進室で契約手続きを行います。

住宅ローン借り換え相談から借り換えが完了するまでには、1ヶ月半~2ヶ月程度かかります。

三菱UFJ銀行住宅ローンの借り換えに必要な書類

三菱UFJ銀行住宅ローンの借り換え時には、以下の書類を準備してください。

これまでの返済が分かる書類

  • 現在利用中のローン返済予定表(現在の残高と直近6ヶ月の返済予定が記載されたページと当初借入日・借入金額・借入期間等が記載されたページ)
  • 預金通帳(表紙と直近6ヶ月分の返済が確認できるページ)
  • 住宅金融支援機構融資に関する借入状況と照会依頼書(住宅金融支援機構からの借り換えの場合)

本人確認書類

  • 印鑑証明書
  • 印鑑(届出印と実印)
  • 住民票の写し
  • 運転免許証またはパスポートまたは個人番号カード等
  • 健康保険証

所得証明書

【給料所得者】

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書又は課税証明書等

給与所得者で確定申告をしている人は、

  • 確定申告書
  • 納税証明書その1・その2

も用意しておいてください。

【会社役員】

  • 会社の決算書直近3期分
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書又は課税証明書等

会社役員で確定申告をしている人は、

  • 確定申告書
  • 納税証明書その1・その2

も用意しておいてください。

【個人事業主・自営業者】

  • 納税証明書その1・その2直近3期分
  • 確定申告書直近3期分

その他必要書類

個人事業主・自営業者で許可を要する業種の人 営業許可証
転職後3年未満の人 職歴書
収入合算プラン、あるいはペアローンを利用する人 連帯保証人の収入証明書 連帯保証人の印鑑証明書

その他に、担保物件の種類によって必要となる書類等があります。

詳しくは、担当者に問い合わせをしてください。

おわりに

三菱UFJ銀行住宅ローンはメガバンクが提供している住宅ローンですから、信頼性が高く、安心感もあります。

ですが、借り換えということであれば、これまでと比べてより支払いの負担を小さくすることに重点を置くべきです。

三菱UFJ銀行住宅ローンに借り換えをすれば、ストレスなく負担を減らせるかどうかよく考えたうえで、最も適した住宅ローンを選んでください。

ずーっとうれしい金利コース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です