三井住友銀行住宅ローンの住宅ローン審査・評判!審査通過のコツを徹底解剖

住宅ローンについて調べていると必ず目にするのが「三井住友銀行住宅ローン」です。

日本を代表するメガバンクの住宅ローンですから、当然といえば当然でしょう。

しかし、実際に商品の内容に目を通してみると、おすすめの住宅ローンとして各メディアに取り上げられるのも充分納得できます。

今回は三井住友銀行住宅ローンについて徹底的に解説していきます。

三井住友銀行住宅ローンの商品内容や金利の傾向、審査基準、そして審査に通過するコツまで、分かりやすく丁寧にお伝えします。

三井住友銀行住宅ローンの利用を検討している人は、要チェックです!

三井住友銀行住宅ローンの概要

初めに、三井住友銀行住宅ローンの概要から見ていきましょう。

借入可能額 100万円~1億円(10万円単位)
事務手数料 33,000円
保証料 借入金額の2.06%(借入期間35年)
返済期間 1年~35年(1ヶ月単位)
ただし、
固定金利特約型2年~35年
超長期固定金利型10年超~35年
繰り上げ返済手数料 【一部繰上げ返済】
SMBCダイレクト:無料
窓口:5,500円~16,500円

三井住友銀行住宅ローンの金利について

三井住友銀行の金利はパッと見ただけでは少々分かりにくいので、どのような金利タイプ、金利プランがあるのかを一つずつ確認していきましょう。

三井住友銀行住宅ローンの金利は、3つの金利タイプと3つの金利プランの組み合わせによって決定します。

金利タイプ 金利プラン
変動金利型
固定金利特約型
超長期固定金利型
最後までずーっと引き下げプラン
最初にググッと引き下げプラン
超長期固定金利型プラン

三井住友銀行住宅ローンの金利タイプの特徴

三井住友銀行住宅ローンの金利タイプは、以下の3つに分けられます。

変動金利型 金利は半年ごとに見直し
固定金利特約型 2年、3年、5年、10年等、一定期間だけ金利を固定。固定金利特約期間終了後は変動金利になる。
その時点で再度固定金利特約期間を設定することも可能
超長期固定金利型 完済まで金利が一定

三井住友銀行住宅ローンの金利タイプの基本は変動金利型なので、契約時に固定金利特約型、超長期固定金利型を選択する場合は、手数料として11,000円が必要です。

三井住友銀行住宅ローンの金利プランの特徴

次は、金利プランの特徴について見ていきましょう。

金利プラン 適用対象/優遇金利
最後までずーっと引き下げプラン 変動金利型、固定金利特約型(2年・3年・5年・10年)を選択した人
借入期間中最後まで店頭金利マイナス1.7%~1.9%
最初にググッと引き下げプラン 契約時に固定金利特約型(5年・10年)を選択した人
借入時の固定金利特約型(5年・10年)の店頭金利マイナス2.2%
固定金利特約期間経過後は、変動金利、固定金利特約型(2年・3年・5年・10年)のいずれを選択しても借入期間中最後まで店頭金利マイナス1.4%
超長期固定金利型プラン 借入金額の30%以上を超長期固定金利型で借り入れしている人
借入時の店頭金利マイナス0.1%

三井住友銀行住宅ローンの金利

三井住友銀行住宅ローンの金利は以下の通りです。

【最後までずーっと引き下げプラン】

店頭金利 適用金利
変動金利 2.475% 0.575%~0.775%
固定金利特約型2年 2.80% 0.90%~1.10%
固定金利特約型3年 3.00% 1.10%~1.30%
固定金利特約型5年 3.10% 1.20%~1.40%
固定金利特約型10年 3.30% 1.40%~1.60%

※2020年8月15日現在

【最初にググッと引き下げプラン】

店頭金利 適用金利
固定金利特約型5年 3.10% 0.90%
固定金利特約型10年 3.30% 1.10%

※2020年8月15日現在

【超長期固定金利型プラン】

店頭金利 適用金利
10年超~15年 1.78% 1.68%
15年超~20年 1.78% 1.68%
20年超~35年 1.78% 1.68%

※2020年8月15日現在

金利タイプの変更

三井住友銀行住宅ローンの金利タイプの変更のルールや金利タイプの変更の手続きについて解説します。

金利タイプ変更のルール

三井住友銀行住宅ローンは、変動金利型からの金利タイプ変更は比較的自由ですが、固定金利特約型からの金利タイプ変更には制約があるので注意が必要です。

本人を確認できる書類 運転免許証等
勤続年数を確認できる書類 健康保険証等
年収を確認できる書類 給与所得者の場合:源泉徴収票等

金利タイプの変更手続き

金利タイプの変更は、

  • インターネットバンキング
  • 窓口(専用パソコン)
  • 窓口

から行えます。

変動金利型を利用中の人 固定金利特約型を利用中の人
・借入当初から変動金利型を利用している人
・固定金利特約期間終了後に変動金利型になった人で固定金利特約型への切り替えを希望する人
・現在利用中の固定金利特約期間が終了した時に引き続き固定金利特約型を希望する人
固定金利特約型(2年・3年・5年・10年)に変更可能

固定金利特約型から変動金利型への変更は手続き不要です。

【金利タイプ変更手数料】

インターネットバンキング 無料
窓口(専用パソコン) 5,500円
窓口(書面) 16,500円

三井住友銀行住宅ローンの審査基準

三井住友銀行住宅ローンの審査基準を確認していきましょう。

年齢

三井住友銀行住宅ローンは、借入時年齢20歳~70歳、完済時年齢80歳の人が利用できます。

メガバンクの住宅ローンは、全体的に借入時年齢の条件が高めに設定されており、年齢に関しては比較的審査基準が緩やかだといえます。

ただ、借入時年齢や完済時年齢が高くなるほど審査には通過しにくくなります。

年齢が高めの人は、定年後の返済計画を具体的に示せるようにしておきましょう。

自己資金を用意して借入金額を抑える、返済期間を短く設定するなどして審査に申し込むことをおすすめします。

年収

三井住友銀行住宅ローンは、安定継続した収入がある人なら利用できます。

年収の基準は定められていませんが、融資実績などから判断すると年収は300万円以上あるのが望ましいです。

ただ、メガバンクの住宅ローン審査は基本的に対面で進めていくので、自分の状況をしっかり伝えれば融通がきくことも多いです。

多少収入が少なくても、安定的に収入を得ていると判断してもらえれば審査に通過できる可能性は充分にあります。

職業

公務員、正社員なら問題なく三井住友銀行住宅ローンを利用できますし、契約社員でも契約更新後1年以上経過していれば審査してもらえます。

ただし、パート、アルバイト、派遣社員は三井住友銀行住宅ローンを利用できません。

勤続年数

勤続年数は特に問わないとしていますが、最低でも1年以上、できれば勤続3年以上あるのが望ましいです。

「同じ勤務先で継続して働いている人なら、今後も転職せず引き続き安定して収入を得られるだろう」という金融機関からの信頼につながるため、勤続年数は長い方が審査に有利に働きます。

健康状態

三井住友銀行住宅ローンを利用する際には、三井住友銀行が指定する団体信用生命保険への加入が必須です。

団体信用生命保険に加入できなければ、三井住友銀行住宅ローンは利用できません。

住宅ローンによっては、健康に不安がある人に向けてワイド団信を取り扱っている場合もあるのですが、三井住友銀行住宅ローンではワイド団信の取り扱いはありません。

健康に不安がある場合は、ワイド団信を取り扱っている住宅ローンかフラット35に申し込みをするといいでしょう。

収入合算・ペアローン

三井住友銀行住宅ローンでは、ペアローンと収入合算に加えて連帯債務契約も取り扱っていますので、各家庭の収入状況に応じた契約方法で住宅ローンを組んでください。

三井住友銀行住宅ローンでは、契約社員なら収入合算を利用できます。

収入合算できる金額は収入の半分までです。

電話で確認したところ、派遣社員は状況によっては収入合算を利用できるケースもあるとのことでした。

派遣社員でも、勤続年数が長いなど評価できる点があれば収入合算できる可能性もあると考えておいてください。

三井住友銀行住宅ローンの必要書類

三井住友銀行住宅ローンの審査では、どのような書類を用意しておけばいいでしょうか?

事前審査の必要書類

三井住友銀行の事前審査に必要な書類は以下の通りです(店舗で申し込みをする場合)。

  • 本人を確認できる書類 運転免許証等
  • 勤続年数を確認できる書類 健康保険証等
  • 年収を確認できる書類 給与所得者の場合:源泉徴収票等

本審査の必要書類

本審査では事前審査より書類が増えます。

書類に不備がないようしっかり確認して、余裕をもって準備をしておきましょう。

本人を確認できる書類 健康保険証等
住民票
印鑑証明書
勤続年数を確認できる書類 健康保険証等
年収を確認できる書類 給与所得者:源泉徴収票、所得証明書
自営業者:納税証明書、確定申告書(3期分)等
会社経営者:源泉徴収票、法人決算書(3期分)等
物件に関する書類 売買契約書
重要事項説明書
土地・建物の登記簿謄本
物件概要書
公図、物件案内地図
間取り図、測量図、配置図等

審査の内容によっては、これ以外の書類が必要になるケースもあります。

三井住友銀行住宅ローンの審査の難易度

  • ネット銀行と比較すると金利は高め
  • 優遇金利に幅を持たせている

などから、三井住友銀行住宅ローンの審査難易度はいわれているほど厳しくないと考えられます。

住宅ローンは、金利が低いほど審査が厳しく、金利が高くなるほど審査は緩やかになります。

また、優遇金利に幅を持たせれば、審査の結果がそれほど良くなかった人には高めの金利設定をしてリスクを回避できます。

三井住友銀行住宅ローンの金利は確かに低めではありますが、業界でトップを争うほどではありませんし、優遇金利にもある程度の幅があります。

ネット銀行住宅ローンの審査基準と比べれば、かなり緩やかだといえるでしょう。

三井住友銀行の住宅ローンはどんな人におすすめ?

三井住友銀行住宅ローンをおすすめしたいのは、以下のような人です。

疾病保障を充実させたい人

三井住友銀行住宅ローンでは、0.3%金利上乗せすれば8大疾病保障をつけられます。

8大疾病とは、

  • ガン、急性心筋梗塞、脳卒中の3大疾病
  • 高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎の5つの重度慢性疾患

を指します。

8大疾病保証の内容は以下の通りです。

がん 診断されたら住宅ローン残高ゼロ円
急性心筋梗塞・脳卒中 所定の状態が60日以上継続したと診断されたら住宅ローン残高ゼロ円
高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎 就業不能状態が1か月を超えて継続したら毎月のローン返済額を最長12ヶ月間保証
就業不能状態が13か月を超えて継続したら住宅ローン残高ゼロ円
病気やケガ 入院が継続して約定返済日が到来したら毎月のローン返済額一回ぶんを保証
その状態が1か月を超えて継続したら入院1時金10万円給付

自然災害に対する保証も充実させたい人

自然災害の被害は年々大きくなっていています。

三井住友銀行住宅ローンでは、自然災害時返済一部免除特約を団信に付帯できます。

【約定返済保障型(0.1%金利上乗せ)】
罹災の程度に応じて一定期間住宅ローンの返済が免除されます。

【対象となる災害】

  • 地震・津波・台風・噴火・豪雨・雪災・洪水・落雷 全壊:約定返済24回分免除
  • 大規模半壊:約定返済12回分免除
  • 半壊:約定返済6回分免除

【残高保障型(0.5%金利上乗せ)】

全壊の認定を受けた建物のローン残高50%相当が免除されます。

【対象となる災害】

地震・津波・噴火 全壊:建物ローン残高50%相当を免除

ペアローンを検討している人

三井住友銀行住宅ローンは、共働きの夫婦が共同で住宅ローンを借りられるシステムが整っています。

ペアローン

ペアローンは、夫婦それぞれが住宅ローンを契約する方式をいいます。

1つの物件に対して夫婦2人が1本ずつ、計2本のローンを契約します。

それぞれが住宅ローン契約するので、住宅ローン控除や団体信用生命保険はそれぞれが利用できます。

ただし、住宅ローン契約が2本あるので諸費用も2契約分必要ですから、支払の負担は大きくなります。

収入合算

収入合算は、申込者本人だけでは借入希望金額の条件を満たせない場合に、同居している家族の収入を合算する方式をいいます。

収入合算では夫婦の一方が契約者となり、もう一方が連帯保証人になります。

たとえば、契約者は夫、妻は連帯保証人として契約するという具合です。

万一、夫が返済出来なくなった場合は、連帯保証人である妻が返済義務を負いますが、妻自身は契約者ではないため、住宅ローン控除や団体信用生命保険の対象にはなりません。

住宅ローンの契約は1本なので諸費用は1契約分支払えば大丈夫です。

三井住友銀行住宅ローンでは、配偶者の収入の2分の1までを合算できます。

連帯債務契約

連帯債務契約では、夫婦それぞれが持分の割合に応じた契約者になります。

住宅ローンの契約は1本だけど、契約者が2人いるということです。

住宅ローンの契約は1本ですから、ペアローンとは異なり諸費用は1契約分だけしかかかりませんが、住宅ローン控除は持分の割合に応じて夫婦両方が受けられます。

連帯債務契約を取り扱っている住宅ローンは多くありませんが、三井住友銀行住宅ローンでは連帯この債務契約を選択できるのです。

連帯債務契約をした場合は、「連生団信住宅ローン」に加入すれば夫婦どちらが死亡した場合でも住宅ローンの残高はゼロになるというメリットがあります。

連生団体信用生命保険を取り扱っている金融機関は非常に少ないですから、ペアローンの利用を検討している人は要チェックです。

連生団信住宅ローンについて

三井住友銀行住宅ローンで連帯債務契約を利用すると、夫婦どちらかに万一のことがあってもローン残高をカバーできる「クロスサポート(連生団体信用生命保険)」を用意しています。

クロスサポートをつければ、二人のどちらかに万一の言葉があった場合でも、住宅ローンの残高に応じた保険金が支払われるので、住宅ローンは残りません。

クロスサポートは0.18%金利上乗せで利用できます。

三井住友銀行住宅ローンの審査に通過するコツ

三井住友銀行住宅ローンの審査に通過するコツをご紹介します。

信用状況を確認しておく

三井住友銀行住宅ローンの審査では、信用情報はかなり厳しくチェックされています。

審査に申し込む前には、自分の信用状況をしっかり確認しておきましょう。

遅延や延滞をおこしていないか

過去にローンやクレジットの返済で問題を起こしたことがあれば、公務員であっても一流企業に勤務していて高収入を得ていても、まず三井住友銀行住宅ローンの審査に通過することはありません。

また、長期延滞などの問題を起こしていなくても1年に2度以上の遅延をしていれば、やはり審査に通過するのは難しいです。

口座への入金忘れによる遅延が1度ある程度なら、正直に事情を話せば理解してもらえることもありますが、住宅ローン審査では基本的に遅延はNGです。

住宅ローン審査においては、過去の遅延や延滞は非常に問題視されます。

もし返済遅れをしたことがある場合は、その情報が信用情報から削除されてから住宅ローン審査に申し込みをすることをおすすめします。

消費者金融は解約する

消費者金融からの借り入れがある場合は、とにかくすぐに完済をしたうえで確実に解約をしておきましょう。

急な出費の時には、手軽にすぐにお金を借りられる消費者金融は大変重宝します。

しかし、三井住友銀行をはじめとするメガバンクの住宅ローン審査では、消費者金融の利用はマイナスにしかなりません。

お金を借りること自体にはそれほど問題はありませんが、借りるにしても目的に合わせたローンならもっと低金利で借りられます。

それなのに、あえて金利が高く資金使途を問われない消費者金融からお金を借りていれば、

  • きちんと生活設計が立てられない人
  • お金に困っているのではないか

と判断されるのは当然です。

そのように判断されるのを防ぐためにも、消費者金融からの借り入れは完済の上しっかり解約しておいてください。

自分の状況にあった返済計画を立てておく

三井住友銀行などメガバンクの住宅ローン審査では、しっかり返済計画を立てられているかを見て融資の可否を判断する傾向にあります。

属性がそれほど高くなくても、

  • ある程度の自己資金を用意している
  • 自分の収入に見合った物件で申し込む

など、自分の状況にあった返済計画を立てていることを認めてもらえれば、審査に通過できる可能性は高まるでしょう。

おわりに

三井住友銀行住宅ローンは、決して特別金利が低いわけではありません。

ただし、「対応が親切なこと」や「信頼性が高いこと」などでは、どの住宅ローンにも負けることはないはずです。

信頼できる住宅ローンを安心して利用したい、そんな人は三井住友銀行住宅ローンがおすすめです。

審査が甘い・通りやすい住宅ローンとは?ローン選びと審査のコツを解説

フラット35の審査は甘いと評判?口コミも紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です