年収400万で住宅ローンの借り入れは可能?年収400万円の適正額を解説

「住宅を購入したいけど、年収400万円でどのくらいの金額を借り入れることができるの?」

また、「そもそも、年収400万円で住宅ローンを利用することはできるの?」と思う方もいると思います。

住宅を購入したいと考えていても、年収が400万円で数千万円のローンを組むことに不安になる方もいますよね。

今回の記事では、日本の平均年収の「432万円」という数字を参考に、年収400万円で住宅ローンを組むことができるのかどうかについて解説します。

適正金額や無理なく借りる方法についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

年収400万で住宅ローンの借り入れは可能?

まずは、「そもそも、年収400万円で住宅ローンを借り入れることができるのか?」という疑問についてお答えします。

結論から言ってしまうと、年収400万円でも住宅ローンを借り入れることは可能です。

年収400万円だとしても、4000万円弱を借り入れることができます。

ただし、借入金額を大きくすればするほど、返済負担率が上昇してしまい、住宅ローン貧乏になってしまうかもしれません。

年収400万円でも住宅ローンを借りることはできるのですが、返済負担率についてしっかりと考えなければなりません。

返済負担率について知ろう

そもそも、返済負担率ってなに?という方もいらっしゃると思うので、返済負担率の説明をします。

返済負担率というのは、「年収のち、住宅ローンの返済にあてる金額の割合」の事を言います。

返済負担率は以下のような式で計算することが可能です。

返済負担率(%)=年間返済額÷年収×100

フラット35を例に出しますが、年収400万円では返済負担率が35%以下にしなければなりません。

つまり、年収400万円の方は、年間140万円までしか返済することができないのです。

年間140万円までしか返済できるということは、住宅ローンの最大は35年なので、4900万円弱までしか借りることはできません。

ただし、単純計算をすれば4900万円を借り入れることができるとかんがえられますが、実際には借り入れられません。

年収400万円で借り入れられる金額については後ほど解説します。

住宅以外にもいろいろな費用が掛かる

また、返済負担率以外にも住宅ローンを借り入れる際に必要な費用というのもが定められています。

住宅ローンを借り入れるときにかかる費用は以下のとおりです。

  • 印紙税
  • 仲介手数料
  • 不動産所得税
  • 固定資産税
  • 登記費用

これらの諸費用が掛かってきます。

土地や物件を購入したら、登録免許税や不動産取得税の申請が必要になります。

これらの諸費用をすべて合わせると、数十万円から数百万円になることが多いです。

基本的には、新築物件を購入した際に購入価格の3~5%、中古物件を購入した際には購入価格の5~10%程度の諸費用がかかると言われています。

これらの費用は住宅ローンを購入した時点で必要になるため負担も大きいです。

住宅や土地以外にもお金がかかるということをしっかりと覚えておきましょう。

住宅ローンの手数料とは?金利だけが重要なポイントではない!

年収400万で住宅ローンを借りる場合の適正額とは?

先程、返済負担率について紹介しましたが、35%という数字は借り入れ上限ギリギリです。

上限ギリギリで借り入れをしてしまうと、負担が大きくなってしまい、生活が厳しくなってしまうでしょう。

一般的に、無理のない返済負担率は20%と言われています。

次は、平均的な返済負担率と35%ギリギリで借りた場合の差を見てみましょう。

また、【金利1.2%・返済期間35年・返済比率30~35%】で計算します。

年収 手取り 借り入れ上限 返済比率20%(無理のない返済比率)
300万円 238万円 2,571万円 1,359万円
400万円 313万円 3,999万円 1,788万円
500万円 389万円 4,999万円 2,222万円
600万円 459万円 5,999万円 2,622万円
700万円 527万円 6,999万円 3,011万円
800万円 593万円 7,999万円 3,388万円
900万円 661万円 8,000万円 3,776万円
1000万円 730万円 8,000万円 4,170万円

年収が400万円の方は、1,788万円程度が無理なく返済できる借入金額だということを覚えておきましょう。

ただ、1,788万円でどの程度の物件が購入できるか気になりますよね。

物件ごとの平均購入価格について解説します。

物件の購入時にかかる費用の具体例

購入する物件の例 購入する物件の金額
注文住宅 3,004万円
分譲戸建て住宅 2,827万円
分譲マンション 2,396万円
中古戸建て住宅 1,540万円
中古分譲マンション 1,166万円

年収400万円で無理なく物件を購入するためには、中古戸建て住宅や中古分譲マンションしか購入できないことになってしまいますね。

一戸建てを購入するとなると、年収800万円程度必要になるでしょう。

したがって、年収400万円では購入できる物件が制限されてしまいますね。

年収400万で住宅ローンを借り入れた場合のシミュレーション

では実際に、年収400万円で住宅ローンを借り入れた場合のシミュレーションをやっていきましょう。

前提として、年収400万円の方の一般的な生活費用について紹介します。

年収400万円だと、手取りは26万円程度になります。

  • 居住費:80,000円
  • 食費:40,000円
  • 水道光熱費:10,000円
  • 携帯料金:5,000円
  • 日用品:5,000円
  • 趣味:20,000円
  • 交際費:30,000円
  • 保険費:5,000円

計195,000円となりました。

26万円から差し引くと、65,000円程度残ります。

個人差はあると思いますが、年収400万円の方であれば最低でもこのくらいの生活費用になっているでしょう。

では生活費用を踏まえた上で、住宅ローンの費用を計算してみましょう。

年収400万円の借入限度額の3,999万円と年収400万円の20%=1,788万円で計算します。

どちらも条件は同じで、【元利均等返済・35年ローン・金利1.2%・ボーナス返済、手数料は考えない】で計算します。

毎月の返済金額 総返済金額
返済比率20% 52,156円 21,905,447円
返済比率35% 116,651円 48,993,556円

結果はこのようになりました。

年収400万円の方の生活費を計算した結果、65,000円程度残るということがわかりましたよね。

65,000円と月々の返済金額を見比べてみましょう。

  • 返済比率20%であれば、52,156円
  • 返済比率35%であれば、116,651円

返済比率が20%だとしてもギリギリだということがわかります。

返済比率が35%だと生活費をかなり削らないと、借り入れられないことがわかります。

やはり現実的には、返済比率20%程度で借り入れることが大切ですね。

無理なく住宅ローンを利用するための方法

年収400万円の方が、住宅ローンを借り入れるとなると、返済比率20%程度が限界だということはわかっていただけたと思います。

しかし、それでも一戸建てがほしいという方や、より良い物件を購入したいと考えている方もいると思います。

ここでは、無理なく住宅ローンを借り入れる方法について解説します。

無理なく住宅ローンを借り入れる方法は以下のとおりです。

  • ローンの期間を伸ばす
  • 年収を増やす
  • ボーナス返済を利用する
  • 生活費を減らす

これらについて解説します。

ローンの期間を伸ばす

この記事でも住宅ローンの借り入れシミュレーションでは35年ローンを利用しています。

仮に35歳で35年ローンの住宅ローンを借り入れたら、返済が終わるのは70歳になってしまいますよね。

70歳まで支払い続けている未来が見えないかもしれません。

しかし、住宅ローンの返済期間を短くしてしまうと、毎月にかかる返済金額が増えてしまうので、かえって負担が大きくなってしまいます。

返済期間が伸びてしまうことに不安を感じるかもしれませんが、年収400万円であれば35年ローンを利用しましょう。

ボーナス返済を利用する

住宅ローンには、ボーナス返済という返済方法もあります。

ボーナス返済というのは、毎月の返済に加えてボーナスをもらえる月により多くの金額を返済する方式です。

住宅ローンの借入金額の40%程度をボーナスから返済するため、毎月の返済金額を減らすことができます。

ただし、注意点が2つあります。

  • ボーナス返済をやめたくてもやめられない
  • 最終的に支払う金額が増える

このようなデメリットがあります。

ボーナス返済は、住宅ローンを利用する時点で、組み込まれるため途中でやめることができません。

例えば、転職してボーナスがもらえなくなってしまったとしても、ボーナス返済を利用し続けなければならないので、結果的にカツカツになってしまうかもしれません。

また、最終的には支払金額が増えてしまうというデメリットもあります。

ボーナス返済については、以下の記事で解説しているので興味がある方は御覧ください。

住宅ローンのボーナス返済は損をする?メリット・デメリットを解説

生活費を減らす

一番のポイントは、生活費を減らすことですね。

先程紹介した、月にかかる費用で減らせる部分を減らせばいいと思います。

  • 携帯料金:5,000円
  • 趣味:20,000円
  • 交際費:30,000円

具体的には、これらの部分を減らすことをおすすめします。

携帯電話に関しては、格安スマホが出てきているので、半額以下にすることもできます。

また、住宅を購入するのであれば、趣味や交際に使うお金を減らすべきだと言えるでしょう。

これらも半額以下にすることで、住宅ローンを無理なく借りることができますね。

年収を増やす

これを言ってしまうと年収400万円の方のためにならないかもしれませんが、住宅ローンを無理なく借りるためには、年収を増やすことが一番の近道と言えます。

先程の表でも紹介したとおり、年収が増えれば借り入れ上限金額も上がっていくので、より好みの住宅を購入できるようになるでしょう。

無理に早く購入するのではなく、年収が増えてから住宅ローンを利用したほうが結果的に良くなると思います。

年収400万で住宅ローンを利用することは厳しい

この記事で確認したとおり、年収400万円でも住宅ローンを利用することはできますが、購入できる物件に制限がかかってしまいますね。

希望の物件を購入できないのであれば、収入が増えてから住宅ローンを利用することをおすすめします。

また、住宅は大きな買い物なので収入と日々の出費を考えてから、住宅ローンを利用しましょう。

フラット35の審査は甘いと評判?口コミも紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です