ソニー銀行の住宅ローン審査では年収の重要性に注目すべし!

ソニー銀行の住宅ローン審査では年収が一つのハードルになっていると言っても過言ではないでしょう。

こちらの銀行で希望通りの金額を借り入れするには、年間の収入に対する返済負担率が適切に収まっている必要があります。

またソニー銀行の申し込み条件では収入額が他行よりもハードルが高いという点にも気をつけておきたいところです。

今回はソニー銀行の住宅ローン審査における年収の重要性について解説していきたいと思います。

ソニー銀行住宅ローンの年収申し込み条件は400万円以上

ソニー銀行の住宅ローン申し込み条件では前年度の年収が、400万円以上である方が対象となっています。

他行と比べてみるとこの基準は高めであると言えるでしょう。

大抵の場合、年間収入額においての審査条件は100万円から300万円くらいとなっていますが、ソニー銀行の申し込み条件はそれよりももっと高い設定であると言えます。

他行と比較してみると基準が高めであることがわかる

たとえば低金利で常にトップの座を維持している、じぶん銀行の場合だと前年度の収入200万円以上の方が対象となっており、イオン銀行では前年度収入100万円以上であると明記されています。

また他行の中でも条件の基準が高いとされている新生銀行でも、申し込み条件となる収入は300万円以上と、ソニー銀行よりも100万円低い設定となっています。

比較してみてわかるように年収の申し込み条件が厳しいものとなっているので、住宅ローン審査に臨める方はそれなりに限られてくると言えます。

ソニー銀行住宅ローンの審査では返済負担率が大きく影響する

ソニー銀行住宅ローンに申し込みするときにはいくらまで借り入れするかが重要なポイントになります。

多くの場合住宅の購入金額が申し入れする金額に大きく影響すると思われますが、審査ではさらに年収から見る返済負担率に関わってきます。

返済負担率とはどういうものなのか

返済負担率とは年収のうちローンの返済が占める割合のことを指します。

ソニー銀行に限らずどの銀行の住宅ローン審査でも、返済負担率はかなり重視される項目ですので気をつける必要があります。

金融機関によって基準は多少異なりますが、一般的には年間の収入額に対して25%~35%の割合に収まっていることが望ましいとされています。

また気をつけておきたいのが返済負担率は、住宅にかかるローンだけでなく自動車ローンカードローンなども含まれるという点です。

つまり申込者が抱えている返済と住宅ローンを合わせた返済負担率を見るので、その点を考慮して返済負担率がどれくらいになるかを計算しておく必要があります。

返済負担率は借入額と深い関わりがあると認識しておく

このように返済負担率は借り入れする金額と密接に関わる要素ですので、返済負担がどのくらいの割合を占めるのかについても考慮した上で、借り入れの申し入れをする必要があります。

ソニー銀行の申し込み条件では年間の収入400万円以上となっていることに加え、返済負担率のことも考慮すると収入の金額にもそれなりの余裕があることを要求される可能性が高いと思われます。

返済負担率の割合は適切に保っておく

ソニー銀行の審査では借り入れ金額による返済負担が大きすぎると、融資を断られるか通過できても満額の融資を受けられない可能性があります。

年収に対して一般的な通過基準とされる25%~35%までに、返済負担率が収まらない場合は対策を取る必要があります。

たとえば配偶者の収入額を合算するあるいは、借入期間を延長して毎月の返済額を下げる、自動車ローンやカードローンなどの返済を減らすといったことが挙げられます。

ソニー銀行においての住宅ローン審査の流れ

ソニー銀行では年収に対する返済負担率が非常に重要視されるので、申し込みする前に借り入れと返済のバランスをうまく調整することが大切であるということをお伝えしましたが、

ローンの査定はかなり長い日数がかかるということも念頭に置いて臨むようにしましょう。

ソニー銀行住宅ローンの審査では仮となる査定と本番の査定、2回に分けて行うという流れになっています。

どれくらいの日数がかかるか把握しておこう

ソニー銀行での住宅ローンでは以下のような流れで査定が行われます。

申し込みが完了するとまず仮審査が始まり、2日から6日くらいの日数で結果が届きます。

こちらの査定に通ることができた場合は、本審査の申し込み手続きを行うことができます。必要書類を郵送しソニー銀行に届くまで4日から6日、書類が受理され査定が完了するまでさらに7日から10日ほどかかります。

無事に通過することができれば銀行から契約書が郵送されてきます。

銀行指定の司法書士と契約を完結するまで、最短で7日ほどですが条件やスケジュール次第では、さらに1ヶ月ほどかかる場合もあります。

2ヶ月は余裕を持った上で臨むのがベスト

以上のようにソニー銀行住宅ローンでは一回の手続きごとに一週間前後の日数がかかります。

最短でなら1ヶ月ほどで契約できる場合もありますが、ほとんどはそれ以上かかる場合がザラですので、できるだけスケジュールに余裕を持って申し込みを行うことが大前提となります。

また借入時の金利も申し込み時の金利ではなく、契約完了時の金利が適用されるという点にも注意です。

よって契約をするときのタイミングも考慮しておかなければ、利率で損をしてしまう可能性も出てくると言えるでしょう。

ソニー銀行住宅ローンでの審査は2ヶ月ほどはかかると見て、余裕を持った申し込みを行うようにしてくださいね。