住信SBIネット銀行の住宅ローン審査・評判!審査通過のコツを徹底解剖

住信ネット銀行住宅ローンは、変動金利・固定金利ともに業界トップレベルの低金利であるだけではなく手厚い保障や特約まで無料で付帯できる商品として、非常に高い評価を得ています。

ただ、住宅ローン選びの重要なポイントである金利と保障のどちらにも大きなメリットがある商品となると、審査の難易度が気になるところです。

そこで、今回は住信ネット銀行住宅ローンを徹底解剖していきます。

住信ネット銀行住宅ローンの審査基準や金利はもちろん、審査の流れや審査に通過するコツまで、詳しく解説していきます。

住信ネット銀行住宅ローンの利用を検討している人は、しっかりチェックしてください。

住信SBIネット銀行の住宅ローンの種類

住信SBIネット銀行には、フラット35の他に以下の2種類の住宅ローンがあります。

  • ネット専用住宅ローン
  • ミスター住宅ローンREAL

初めに、この2つの住宅ローンについて簡単に説明していきましょう。

ネット専用住宅ローン

ネット専用住宅ローンは、インターネットと郵送だけですべての手続きが完結します。

来店せずに利用できるのが大きな特徴です。

実は、このネット専用住宅ローンは三井住友信託銀行の商品で、住信SBIネット銀行が三井住友信託銀行に代わって代理で契約を締結しています。

ネット専用住宅ローンに関する申し込みや契約の手続きは、全て住信 SBI ネット銀行が窓口となって受け付けています。

ミスター住宅ローンREAL

ミスター住宅ローンREALは、「インターネットで住宅ローン手続きを進めていくのは不安」という人に向けた商品です。

ネット銀行の住宅ローンでありながら、店舗でスタッフに相談しながら手続きできるのが大きな特徴です。

ミスター住宅ローンREALは、ネット専用住宅ローンとは逆のパターンで提供されています。

つまり、商品は住信SBIネット銀行オリジナルの住宅ローンだけれども、住信SBIネット銀行と提携している銀行代理業者が申し込みや問い合わせ等の手続き、契約締結を代理で行っているのです。

住信SBI銀行ホームページでは、ミスター住宅ローンREALの申し込みは受け付けていませんので注意してください。

2つの商品の内容はよく似ていますが、細かい部分で異なる部分もあります。

この記事では、住信SBI銀行で申し込みを受け付けている「ネット専用住宅ローン」について解説していきます。

住信SBIネット銀行住宅ローンの概要

住信SBIネット銀行住宅ローンの概要は以下の通りです。

借入可能金額 500万円~1億円
事務手数料 借入金額の2.2%
保証料 0円
返済期間 1年~35年(1ヶ月単位)
繰上げ返済手数料 固定金利特約期間中一括返済する場合は3万3,000円(それ以外は一部繰上げ返済、一括返済ともに手数料無料)

住信SBIネット銀行住宅ローンの金利について

住信SBIネット銀行住宅ローンには、「変動金利」と「固定金利」があります。

住信SBIネット銀行住宅ローンの金利

変動金利タイプ(通期引き下げプラン) 0.41%

固定金利特約タイプ(当初引き下げプラン) 2年:0.56%

  • 3年:0.62%
  • 5年:0.66%
  • 7年:0.69%
  • 10年:0.76%
  • 15年:1.20%
  • 20年:1.38%
  • 30年:1.51%
  • 35年:1.59%
    ※2020年8月15日現在

固定金利は、2年、3年、5年、7年、10年、15年、20年、30年、35年から選択できます。

住信SBIネット銀行住宅ローンは、2019年12月より審査結果によっては金利を0.1%上乗せするようになりました。

審査に通過できたとしても、上記金利が必ず適用されるとは限りませんので注意してください。

住信SBIネット銀行住宅ローンの金利タイプの特徴

住信SBIネット銀行住宅ローンの金利タイプの特徴について見ていきしょう。

金利タイプと金利プランの組み合わせ

住信SBIネット銀行住宅ローンは、2つの金利タイプと2つの金利プランの組み合わせによって適用金利が決定します。

金利タイプ 変動金利
固定金利
金利プラン 通期引き下げプラン
当初引き下げプラン

そうすると、本来なら

  • 変動金利+通期引き下げプラン
  • 変動金利+当初引き下げプラン
  • 固定金利+通期引き下げプラン
  • 固定金利+当初引き下げプラン

の4種類の組み合わせで金利を設定できるはずです。

しかし、住信SBIネット銀行住宅ローンの場合、

  • 通期引き下げプランは変動金利が非常に優遇されている
  • 当初引き下げプランは固定金利が非常に優遇されている

という特徴があります。

従って、「変動金利+通期引き下げプラン」、あるいは「固定金利+当初引き下げプラン」の組み合わせでローンを組むのが一般的です。

住信SBIネット銀行住宅ローンでは、金利タイプの変更は可能ですが金利プランの変更はできません。

金利タイプを選択する際には、その点も充分考慮する必要があるでしょう。

ミックスローンの利用も可

住信SBIネット銀行住宅ローンはミックスローンが利用できるので、1件の住宅ローンで変動金利と固定金利2つの金利タイプを組み合わせることもできます。

【金利タイプの組み合わせの一例】

  • 変動金利50%+35年固定金利
  • 変動金利70%+35年固定金利
  • 5年固定金利50%+35年固定金利
    など

ただし、住信SBIネット銀行住宅ローンの借入金額は1契約あたり500万円以上と決められています。

ミックスローンは1件の住宅ローンに対して2つの契約をするため、それぞれの金利タイプの借入金額を500万円以上に設定しなければならない点に注意してください。

金利タイプの変更

変動金利タイプは、いつでも固定金利タイプへの変更が可能です。

金利タイプの切り替えを希望する月の1日から約定返済日の前日までに、住信SBIネット銀行公式ページ上から金利タイプ変更の予約をしてください。

固定金利タイプの特約期間中は金利タイプの変更はできません。

また、特約期間終了後には自動的に変動金利タイプに切り替わります。

再度固定金利タイプを選択したい場合は、固定金利期間満了月の1日から固定金利期間満了月の約定返済日の前日までに住信SBIネット銀行公式ページ上から金利タイプ変更の予約をします。

なお、金利タイプの変更手数料は無料です。

住信SBIネット銀行住宅ローンの審査基準

住信ネット銀行住宅ローンの審査基準を項目ごとにチェックしてみましょう。

年齢

申込時年齢20歳~65歳、完済時年齢79歳までの人が利用できます。

住宅ローンの利用条件としてはごく平均的だといえるでしょう。

ただし、申込時年齢、完済時年齢ともに、高くなればなるほど審査に通過しにくくなります。

完済時年齢が定年退職を迎える65歳を大きく上回ってしまう場合は、住宅ローンの利用自体を慎重に検討する必要があります。

年収

住信SBIネット銀行住宅ローンは年収に関する条件は設けていませんが、年収300万円~350万円程度が審査通過ラインといわれています。

一般的に、金利の低い住宅ローンほど審査は厳しくなる傾向にあります。

一般的なネット銀行住宅ローンで要求される年収水準と同レベルかそれ以上を要求されると考えておきましょう。

職業

住信SBIネット銀行住宅ローンは、正社員はもちろん、安定した収入があれば契約社員や派遣社員でも利用可能です。

とはいえ、契約社員や派遣社員だと収入の安定性や収入金額の面で正社員よりは不利になるのは避けられないでしょう。

パート・アルバイト・年金受給者

パート、アルバイトの人は住信SBIネット銀行住宅ローンを利用できません。

年金受給者については、年金の他に給与所得か事業所得があれば利用できますが、年金受給額は年収に反映されませんので気をつけてください。

産休・育休中の人

産休、育休を取得中、あるいはこれから取得予定の人は、単独では住信SBIネット銀行住宅ローンに申し込みできません。

産休、育休後に復職する予定があれば、収入合算、ペアローンでの申し込みは可能です。

【ペアローン・収入合算申込時の提出書類】
※産休・育休の終了後、復職して3ヶ月以内の場合

  • 産休、育休取得前に通年で勤務していた年の現徴収票
  • 復職後の給与明細全て、賞与明細(支給されている人のみ)

※産休・育休の終了後、復職して3ヶ月以上経過している場合

  • 産休、育休取得前に通年で勤務していた年の現徴収票
  • 給与明細(直近3ヶ月分)、賞与明細(支給されている人のみ)

勤続年数

勤続年数は特に問われません。

ただし、昨年、または今年転職した人は、住宅ローンの借入日までに試用期間が終了している必要があります。

また、以下の書類の提出も求められます。

  • 「雇用契約書、採用通知書のいずれか」、または、「年収見込証明書」のいずれか
  • 転職後の給与明細(直近6ヶ月分)と賞与明細(支給されている人のみ)

6ヶ月分の給与明細が提出できない場合は、提出可能な分を全て提出した上で6ヶ月分の給与明細を提出できない理由を添えます。

給与明細は最低でも1ヶ月分は提出してください。

提出できない場合は審査への申し込みはできません。

住信SBIネット銀行の公式ページでは「転職したばかりでも申し込み可能」とされていますが、上記の条件を満たすには最低でも勤続3ヶ月以上は必要です。

健康状態

住信SBIネット銀行住宅ローンは、指定の団体信用生命保険への加入が必須です。

団体信用生命保険に加入できない場合は、住信SBIネット銀行住宅ローンを利用できません。

住信SBIネット銀行ではワイド団信の取り扱いがありませんので、健康に不安がある人はワイド団信を取り扱っているソニー銀行住宅ローン、ジャパンネット銀行住宅ローンの利用を検討するといいでしょう。

収入合算・ペアローン

住信SBIネット銀行住宅ローンでは、収入合算、ペアローンを取り扱っています。

収入合算やペアローンの相手も住信SBIネット銀行住宅ローンの利用条件を満たしていれば、制度の利用が可能です。

どちらかがパートやアルバイトだと、収入合算、ペアローンは利用できません。

また住信SBIネット銀行住宅ローンでは、同姓パートナーを収入合算、ペアローンの相手に設定できます。

その場合は、

  • 任意後見契約、合意契約にかかる公正証書の謄本
  • 任意後見契約にかかる登記事項証明書

を提出してください。

住信SBIネット銀行住宅ローンの審査の流れ

住信SBIネット銀行住宅ローンの審査の流れについて簡単にまとめてみました。

仮審査申し込み

住信SBIネット銀行の公式ページの「仮審査申し込み」から申し込みをします。

住信SBIネット銀行の口座を持っていない人は同時に口座開設の手続きも行ってください。

仮審査の結果連絡

仮審査申し込み当日から3営業日以内に、審査結果のメール連絡がきます。

また、仮審査結果の連絡から2営業日後には、住信SBIネット銀行から正式審査申込書類が送付されます。

正式審査申し込み

正式審査申込書類に必要事項を記入、捺印の上、必要書類を同封して住信SBIネット銀行に返送してください。

住信SBIネット銀行に申し込み書類が全てそろうと、正式審査に進みます。

申し込み書類の提出漏れや記入漏れがあると手続きに時間がかかってしまいますので、漏れのないようしっかり確認しましょう。

正式審査には一週間から10日程度の時間がかかります。

正式審査の結果連絡

正式審査の結果はメールで通知されます。

正式審査終了から2営業日後に、住信SBIネット銀行から「借入手続きのご案内」が速達で送付されます。

条件を確認し、住信SBIネット銀行の公式ページから契約内容についての情報登録を行ってください。

契約手続き

契約手続き方法は借入内容によって異なります。

  • ペアローン、収入合算を利用する人
  • 住信SBIネット銀行住宅ローンの借り入れが2回目以降の人
  • など 書面で契約
  • 上記以外の人 インターネットで契約

それぞれ案内に従って契約手続きを完了します。

融資実行

住信SBIネット銀行から借入金が入金された後、事前に登録された振込先にただちに借入金が振り込まれます。

住信SBIネット銀行住宅ローンの審査の難易度

一般的な銀行では、対面形式で住宅ローンの申込手続きを進めていくことが多いです。

そのため直接状況を説明すれば融通がきくこともあります。

しかし、ネット銀行は対面で申し込み手続きを行なっていません。

書類審査だけで審査が進められて申込者の個別の事情は考慮されないため、審査はどうしても厳しくなりがちです。

住信SBIネット銀行住宅ローンの審査も例外ではありません。

また、住宅ローン審査では金利が低いほど、また各種サービスが充実しているほど審査難易度は高くなります。

住信SBIネット銀行住宅ローンは業界トップクラスの低金利に加えて無料で付帯される疾病保障も厚いですから、その分審査難易度は高くなります。

住信SBIネット銀行の住宅ローンはどんな人におすすめ?

住信SBIネット銀行はどのような人に向いているのでしょうか?

変動金利で住宅ローンを組みたい人

ネット銀行はもともと金利が低いです。

住信SBIネット銀行住宅ローンはその中でも特に変動金利に強く、業界でもトップクラスの低金利を実現しています。

できるだけお得な変動金利で住宅ローンを組みたいのなら、住信SBI銀行住宅ローンがおすすめです。

全疾病保証をつけたい人

住信SBIネット銀行住宅ローンは、無料で全疾病保証とがん診断給付金特約が付いてきます。

全疾病保証をつけたい人にはかなりおすすめだといえるでしょう。

全疾病保証では、ガン、急性心筋梗塞、脳卒中、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎の8疾病と、それ以外の病気やケガも保障されますのでかなり魅力的です。

8大疾病によって就業不能になった場合は、最大12ヶ月間ローンの返済が保障されます。

それ以外の病気やケガについては、入院によって就業不能になると免責期間1ヶ月を除く最大11ヶ月間ローンの返済が保障されます。

いずれの疾病の場合も、就業不能状態が1年以上続くとローンの支払い自体が免除されます。

また、女性の場合は、全疾病保証の他にがん診断給付特約も無料でついてきます。

ローン返済期間中1度だけに限定されますが、がんと診断確定されると30万円の給付金を受けられます。

繰上げ返済を活用したい人

住信SBIネット銀行住宅ローンは一部繰上げ返済の手数料が無料です。

月に何度でも好きなときに1円以上1円単位で繰上げ返済できますから、積極的に繰上げ返済をしたい人にピッタリです。

繰上げ返済の手続きは、公式ページの「繰上返済」から予約してください。

返済希望日は翌日から60日以内の日付で設定できます。

なお、変動金利適用期間中であれば、一括返済の手数料はかかりません。

固定金利適用期間中に一括返済をする場合のみ、3万円の手数料がかかります。

住信SBIネット銀行住宅ローンの審査に通過するコツ

不動産模型とOKサイン住信SBIネット銀行住宅ローンの審査はやや厳しめです。

まずは、自分が住信SBIネット銀行住宅ローンの利用条件をきちんと満たしているかを確認しておきましょう。

また、住宅ローン審査では信用情報が非常に重視されます。

過去数年以内にローンやクレジットの返済でトラブルを起こしていれば、ほぼ確実に住宅ローン審査には通過できません。

その場合は、信用情報から事故情報が削除されるのを待って(最長5年間)、ローン審査に申し込みをしてください。

ローンやクレジットの年間返済額が住信SBIネット銀行の定める基準を超えてしまうと、審査に通過しにくくなってしまいます。

現在他のローンやクレジットを利用しているなら、住宅ローン審査の申し込みまでにできるだけ完済しておくことをおすすめします。

ありきたりのことですが、こうしたことを意識するかしないかで審査の結果が大きく異なってくるのです。

おわりに

住信SBIネット銀行住宅ローンは、業界トップクラス低金利の上に無料の保障が充実していますから、確かに審査はやや厳しめだといえるでしょう。

ですが、安定した収入があれば契約社員や派遣社員でも利用できますし、勤続年数に関しても他のネット銀行住宅ローンより緩やかな条件が設定されています。

それほど厳しい条件が設定されているわけではありません。

むしろ、審査のハードルが高くなる原因は、住宅ローンを利用する側の準備不足にあるといえます。

自己資金を用意して自分の収入レベルに見合った物件をチョイスするなどして、返済負担率にゆとりを持たせる工夫をしてみましょう。

審査が甘い・通りやすい住宅ローンとは?ローン選びと審査のコツを解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です